住宅の価値を維持させる大切な工事

作業員

住宅のリフォームのなかでも防水工事は後回しという人がいますが、住宅環境を維持させるという意味で工事の優先順位は高いです。住宅は外側から劣化する性質があり、それは紫外線をまともに浴びるからです。雨風や台風の影響もあり、知らず知らずのうちに屋根や外壁は劣化していきます。大阪で防水工事をする頻度は、建物の立地条件や状態、使用する塗料などによって変わりますが、概ね10年に1回くらいの頻度が目安です。防水工事をすれば雨漏りから建物を守り、建物の耐用年数を延ばすことができます。適切なタイミングで防水工事を実施すれば、室内に雨水が侵入するのを防げます。それにより高温多湿の状態、カビやダニの発生などを抑えられるわけです。また雨漏りの防止はシロアリ対策にもなるので、シロアリからターゲットにされないためにも重要です。防水工事で代表的なのは屋根と外壁の塗装ですが、材質が老朽化している場合は張り替えが必要になることがあります。住宅の資産価値を維持させたい、ずっとこの家に住み続けたい、賃貸物件として高く貸し出したい、といった場合は資産価値の低下を極力防ぐことが重要になります。工事費用を抑えるためには、雨漏りが発生する前に防水処置をしておくのが得策です。

面積によって大まかな費用が決まる

塗装作業

大阪で防水工事をする場合の費用は、施工する面積によって変わってきます。1平方メートルあたりの防水処置の相場は1万円程度ですが、使用する塗料の種類、補修の程度などによっても変動します。高品質の塗料を使用する場合は塗料代が高くなる分だけ工事費は上がりますが、塗料の耐用年数が延びるので費用対効果はむしろよくなることが多いです。屋根や外壁の防水工事をする際は足場を組むことが多く、足場の設置費用は総費用の20%程度を占めています。例えば耐用年数が2倍の塗料を使用すれば、足場を組む頻度を半分に抑えられるので、それにより足場の設置費用を節約できるわけです。屋根と外壁の防水工事は同時に行ったほうがいいと言われていますが、これは足場を1回組むだけで同時に施工ができるからです。今年は屋根の塗装をして来年は外壁というように分けてしまうと、1回で済ませた場合よりも費用は高額になります。大阪で防水工事の費用をなるべく抑えるためには、ひび割れが生じる前に対処するのがコツです。水の侵入するところから建物は劣化する性質があり、建材が傷むと予想外の出費につながる可能性があるからです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中